日本語という言語で学ぶということ

あーちゃんママさんのこちらの記事
http://mathdragon.exblog.jp/23749646/

"こうして改めて読んでみると、(日本語では)何やら小難しい感じでわかり難い。(汗)なんでだろう? 
もし日本の大学で心理学を勉強しなければならなかったら、とてもじゃないけど、私は授業についていけないだろうなぁ。
余談ですが、これはいつも思うことなのですが、私はなぜか英語の文章の方がストレートに頭に入ってきて、日本語よりも理解しやすく感じます。"


について、思うところがあったので、私も書いてみようと思う(あーちゃんママさん、改行のみ改変の上で引用させていただきました><いつも面白いトピックをありがとうございます!)。


ほとんど英語ができない私も、学術関係の文章ではあーちゃんママさんが仰っているものとおそらく似た感覚を覚えたことがある。
これは私の場合だけれど、学術場面では、まずはテクニカルタームの日本語翻訳のまずさ故にこれに陥っている時があるのではないかと推測している。
明治時代〜現代にかけて新しい専門用語や専門用語に付随する動詞がたくさん輸入され、各語に訳語がつけられた。当然、その中には名翻訳もあれば迷翻訳もある。
結果、ことばをニュアンスとして解する傾向が強い人には、むしろ惑わすものとなる…という想像。英語は語の本来のニュアンスの中で読んでいけるし、そうでなくとも私は今のところ細かいニュアンスを英語では日本語ほど感じ取れない(ごめんなさい盛りました。ほぼほぼ感じ取れない)ので逆に言葉の形、骨組みのみがダイレクトに伝わってくる。
あと、これに関連して、日本語は膠着語なので一語一語が滑っていきやすい上に熟語の中に大量の意味を詰め込みたがるのに対し(私の文章が当にそうだ…)、英語はそれぞれの単語が明確に分かれていて文法も楽だししかも日本語よりは各単語の速度に緩急がないというのはかなり大きいように思える。きょうだいが教えてくれたが、日本語の下手な歌の詞は和語/漢語/カタカナのスピード感(情報量の多寡)の扱いがなっていないらしい。

でもこれではまだ説明できない領域があるんだよなあ…。「お手洗いどこ?」を日本語より英語で言うほうが直接的に思えるのは何故なのか。どんなに丁寧で礼儀正しい英語であったとしても。私が日本語に馴染みすぎているからか?
今度知り合いと話してみようかな。








そういえば、私は、昔から英語に相当手こずりながらも、日本語は絶対に科学技術分野のグローバルスタンダードになるべきではないと思っている。英語が大変なときは、英語が母国語ならある意味楽だったのだが…とたまに思うが、スタンダードを日本語にとは今はもう考えない。
一応書いておくと、もちろん日本語を貶しているわけではない。むしろ私にとって日本語を繰るのは面白い。日本語の性質の話。





さらにそういえば、心理学分野は特に日本語翻訳がまずい言葉が多い気がしています……。
一番馴染めないのが筆頭格のはずのcognitionって単語。認知って…認知って……。わかんない……。

[PR]
Commented by mathdragon at 2017-03-29 03:06
はじめまして!(かな? いつもにねさんのブログを読ませてもらってるのですでに親近感があり、初めてな感じがしませんが。苦笑)
こちらこそいつも興味深い記事をありがとうございます。

今回の分析?洞察もとても興味深く、おぉぉ〜、なるほど!っと色々と考えさせられました。

>これは私の場合だけれど、学術場面では、まずはテクニカルタームの日本語翻訳のまずさ故にこれに陥っている時があるのではないかと推測している。

そうそう!まさにそうなんですよ!私も全く同感!
英語で学術的な単語や文章を(日本語では知らないので)辞書で調べたり、同じトピックの日本語の文献を読むと、その訳にものすごく違和感を感じてしまうことが多く、日本語にするとかえって不明瞭で理解しにくいと思うことがしばしばで。
(特に心理学に関しては個人的に不満に思う部分がかなりある。従来の意味とはニュアンスが異なった日本語訳になったりしていて、もどかしいと思うこともしばしば。)

どうして簡潔な概念や文章を、回りくどくあんなわかりにくい単語や文章にしなくてはいけないのだろうと思ったりします。
時には(学術文献だから、”学術的”に見せようとして(自分を賢く見せようとして)わざと難しい文章にしてるんじゃないの?それならいい思い違いだわ。本当に賢い人は、複雑で難解なコンセプトも誰にでも理解しやすいように簡潔に説明できるはず!)などと思ったりしますよ。(苦笑)でも私は本当に日本語が苦手なので、私の書く文章もハチャメチャで、多分、読者の方は読解に苦労しているかも?(笑)

こうやってあれこれ分析して考察するのって面白いですよね。
これからもにねさんのブログを読むのを楽しみにしています。
Commented by pronaos at 2017-05-07 03:26
>あーちゃんママ様(mathdragon様)
お返事が大変遅くなり、申し訳ありません。
お褒めと、楽しみにしているというお言葉をいただき、本当に嬉しく思っております。
英語を話されるあーちゃんママ様にとっても、テクニカルタームの日本語訳は不明瞭、不正確なことが多いのですね。
現在日本語で心理学を学んでいる者(そして、英語で学ぶ心の余裕がない者)として、『従来の意味とはニュアンスが異なった日本語訳になったりしている日本語』がとても気になります…。
日本語で心理学を学ぶことによって少し歪んだ世界を見ることになってしまったならば、それは日本語で心理学を学んだ全員のみならず社会にとって厄介なことだと思います。

>どうして簡潔な概念や文章を、回りくどくあんなわかりにくい単語や文章にしなくてはいけないのだろうと思ったりします。
学生として、胸にぐさっと刺さりました(笑)
学術的な文章でもわかりやすく書くには、やはり、日常的なことばを正確に使っていくしかないのでしょうか。
意識していきたいです。

最後になりますが、
あーちゃんママさんが日本語のライティングが苦手だなんて、全然そんなこと思いません。あーちゃんママ様の文章は、複雑な主張を中に織り込んでいてもスッと頭に入ってきます!
Commented by suzu62taha88 at 2017-05-07 10:09
私も遅くなってからすみません。

英語が苦手な私がいうのもなんですが、この単語、他に訳し方無かったのと思うものがあります。
特に専門用語は、日本語の方が初耳なもの💦がありますし、なんだか難しくしていると思えるものもありました。
大学の授業の化学の専門英語で頻繁に思ったものです。
control valveを制御弁と訳してあるのを見て、まだ子供の私は、日本語訳の方が初めて触れる単語でした。(笑)
漢字は意味がよくわかるので気にせず流せましたが、この類の和訳がいくつもあり、生意気にも、「これは英語がわかれば訳さない方がわかるんじゃないの?」と思ってしまいました。

あーちゃんママさんの記事を拝読した時には、英語のできる方は、日本語よりわかりやすいんだいいなぁと羨ましさが先に立っていましたが、にねさんのコメントを通して考えてみると、自分の思っている感覚と同じ意味であることに自信が持てました。

Commented by pronaos at 2017-05-08 00:39
>りかこ様
いえいえ、コメントありがとうございます(^^)
化学分野にもそういう単語があるのですね。確かに、コントロールバルブ、ってカタカナで書いても今の日本語ネイティブには完璧に通じます。
>「これは英語がわかれば訳さない方がわかるんじゃないの?」
確かに、大学で化学の講義をとったことのない私も意味を取れました笑

言葉は変わっていくと言いますが、いつかこういう単語たちは淘汰されていってカタカナ語が席巻する今のIT関連の文章みたいになるのかな?それともたとえばスペースが足りない時の字数の関係とかでひっそり生き残っていったりするのかな?と、見守るのも楽しそうだと思えてきました。



それから、私も英語ができる方は羨ましいですorz笑
Commented by pronaos at 2017-05-08 16:13
あ、追記というか自分の気づきのメモですが、
いくら意味がわかるからといってカタカナを文書中に増やしすぎると今の私たちにとっては勿論とても読みづらくなりますね…
バランスを取っていこうと思います。
by pronaos | 2017-03-28 02:31 | その他 | Comments(5)