刺激に対する依存の傾向

あまり褒められたことではない話、この傾向があります。
正確に言えば、自分の感情・論理性を熟慮を必要とせず呼び起こすような刺激に対して依存の傾向があります。

<例>
感情 : 家庭のいざこざをまとめたまとめサイト
論理性 : 出典、先行研究、文献を踏まえない議論

これらの刺激に溺れて夜布団の中でどうしてもスマートフォンの画面から離れられず軽く泣きながら朝になる(今思い出すとあれは底つき体験)という病的な事態は経験しています。奇妙な渇望。
何もすることがないのに相当な頻度でスマートフォンを手に取って刺激に指が走ってしまうという状態は継続中です。

でも、これらに溺れない熟慮を必要とする生活が嫌いかというと、そうでもない。むしろ私はそういう生活がしたい。

この2つを例えるならば、たとえがたとえられるものと近すぎる気もするけれど、週刊誌と純文学です。スナック菓子と手のかかった家庭料理でもいいかもしれない。



人生の中に週刊誌とスナック菓子が必要になることもあると思うんですよね。
社会的なものやインフォーマルとされるものに対する感度が低く、かつ当事者性のある物語にそういう知識が組み込まれていないと自分に引き寄せられない私は、ああいうサイトからこれから生きていく上で必要であろうたくさんのものを得ました。あれらの情報をああいう場所以外で効率良く入手する方法は正直思いつきません。

でも、サイト内の情報やそのパターンをある程度理解できてきてもうそろそろ読まなくてもいいだろうという段階に来ても刺激に引かれて読んでしまい時間を無駄にする、つまり自分にとって損であり大きな目で見れば苦痛でしかないことをやめられないのが自分の中で相当問題になってきたので、やめます。決意の書き込み。
ある程度断続的にやめる試みはしてきましたが、脳内の回路や物質がどうなっているのか不思議なことに、まだ少しでも触れるとあっちに走って行ってしまいます。一旦は完全に刺激を断つしかない。







自らがこういう状況に陥ってもなお、相手を言語によらず納得させずに行使されるあらゆる場面でのパターナリスティックな権力を自分が忌避しているのは、我ながら面白いと思います。
害を他者に与えていない限り(これは定義が難しいですが)パターナリズムを認めない。与えていたとしても、最低限度に留める。未成年相手だったとしても、認知に障害がある人相手だったとしても。
自分の思想的な核はそこにあるのかな。




『フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ"暮らしの質"を高める秘訣』(ジェニファー・L・スコット)
買ったのは少し前ですが、今の私には良著でした。
自分という人間にとって(そうでない人間を否定しない)、自分の感情・論理性を熟慮を必要とせず呼び起こすような刺激はlife(この単語は、英語のニュアンスのほうが言いたいことを言ってくれる気がする)の質を下げることはわかった。今だけではなく、ずっとそうなのだろう。

暮らしの質を高めていこう。

[PR]
Commented by suzu62taha88 at 2017-05-07 10:46
こうしてコメントを書いてしまうと、にねさんの決意を揺るがせてしまわないでしょうか。(知識を得るということではなくスマホを手にして無駄な時間を過ごしてしまうという意味で)
なんていうと、また、ややこしい気の使い合いをさせてしまいますね。
ごめんなさい。(^-^)>

私もこういったことでは、罪悪感に苛まれます。
スマホやパソコンで興味のある分野のものを読み漁り、同じものでさえ何度も読んでしまいます。
限度を超えずやるべきことが出来ていれば趣味として心を癒すルーティーンだと思って楽しんでいますが、後になって時間の無駄遣いだと気に病むことは多々あります。💦

時間がないと思いながら、隙間の時間はほぼスマホかパソコンに向かってしまって。
あまりしないと決意しよう!
本当かなぁ。(笑)
Commented by pronaos at 2017-05-08 00:57
>りかこさん
お気づかいありがとうございます。どうやらこのブログはどうやら自分の中で大丈夫のようです。
このブログにはいい意味でお手軽さを感じていないので、依存の琴線に触れていないみたいです笑

お互い頑張りましょう…!
私は、今日は、数分のすきま時間でも読みやすい本、新聞、漫画を手に取るよう心がけてみました。
充実でした(^^)
親がクラシック好きで、家にはラジオのクラシック番組がよく流れているのですが、いつも聴いていなかったそれが少しだけ耳に入った気がします。
Commented by robo223 at 2017-05-08 09:57
いつもブログを読んで下さったり、いいねをありがとうございます。

私の20代の頃、テトリスが流行っていて、はまってしまい、徹夜してフラフラしながら仕事に行ったことがあります。それで、ゲーム断ちを決意し、roboにも慎重に与えています。

ゲームはゲームの方からどんどん刺激を与えてくれるので、受動的な脳の使い方にしかならないそうです。でも、インターネットでの検索は研究によると、本を読むより頭を能動的に使っており、ボケ防止にもなるそうなので、ネットサーフィンはそれ程悪くないようです。

でも、あまりに依存的になったり、記事の内容的に没頭すると自責の念にかられるようでしたら、ほどほどに出来るのが理想的ですよね。

しかし、研究者として第一線で活躍している私の姉もスナックを食したいらしく、天皇家やアメリカ大統領のスキャンダルネタなんかをネットで読みあさって、私なんかよりよっぽどくわしいので、スナックと手の込んだ料理の両方を食してバランスをとるのも大切なのかもしれませんね。
Commented by pronaos at 2017-05-08 17:49
>robo223さん
こちらこそ、いいねとコメントありがとうございます!

テトリスで徹夜、わかります。私も、飛行機内備え付けモニタでできるテトリスを酔いを我慢しながらひたすらやり続けたことがあります。。
ゲームとのお付き合いをする時には、自分がどう在りたいか?を考えないと、呑まれてしまう気がします。



インターネットを使うことについてですが、申し訳ありません、自分の考えを明確にしないまま記事を書いてしまっていました。
私は、ネットサーフィンには2種類あると思うんです。

1つ目は、robo223さんが触れてくださったような、そしておそらくお姉様が行なっておられるような、能動的に興味を設定or持って行うネットサーフィン。
2つ目は、ニュースサイトやブログ等をブックマークにいくつか登録して、そこを巡回するようなネットサーフィン。

良い点としては、
1つ目のネットサーフィンはもちろんあるトピックを深く掘り下げたいときに最も有効です。
2つ目は、たとえばビジネスマンが業界の情報、時に業界以外の情報を幅広く知って視野を広げたいときに効力を持ちます。

良くない点としては、
1つ目の能動的なネットサーフィンは、能動的であるがゆえに得られる情報が自分の興味に沿ったものが多くなってしまいます。
一方、2つ目のネットサーフィンは、一度そのニュースサイトやまとめサイトを巡回の輪に組み入れてしまえば、情報が口を開けていても降ってくるため、
1.どんなサイトを登録するか
2.受け取る人の性質
この2つの要因によって左右される様々なリスクがあると思います。

私には、そもそも巡回していたサイトの情報が感情的な刺激性が強かったこと、自分が刺激が強いものに依存しやすいことの2つの要因があり、病的?な状況に陥りました。

(以上はネットニュースと新聞のそれぞれの特徴についての一般論をネットサーフィンに適用したもので、私オリジナルの思考とはほとんど言えないと思います)


本当に、ほどほどが理想的ですよね。
by pronaos | 2017-05-07 03:31 | その他 | Comments(4)