なぜ自分が育児カテゴリ界隈にいるのか

子育てはしていないし、年齢も低く、むしろまだ育てられているようなものなのに。

と、疑問を抱いた方もいらっしゃると思うので、記事にしておこうと思います。



理由としては単純です。
育児をされている方々のブログからは、当事者ブログよりも自分に必要だと思われる客観的に近い示唆や情報を多く受け取れるからです。
加えて、自分にとって当事者ブログには近すぎるがゆえの問題点があるからです。強く共感し過ぎて自分に支障が出るほど揺さぶられたり、色々。



でも、これだと受け取っているだけになってしまう。
私も、何かお返しできていると良いのですが。。

[PR]
Commented by suzu62taha88 at 2017-05-09 01:24
私のブログはなんの影響もあたえてないと思いますが(笑)図々しくコメントを書かせていただいています。

にねさんのお気持ちを聞かせてくださって、なるほどと思いました。
読ませていただいたり読んでいただいたりしていく中で、お若い学生さんであるにもかかわらず、なんの違和感もなかったです。
私には必要な方だからなのかもしれません。

私の感じるところでは、
にねさんは、子供たちの少し先に成長した方として、にねさんご自身がどこかご自身に重なる子供達にご自身を投影されて気持ちをわかってくださるのだと思います。
また、子供達より少し成長された立場から、保護者である我々に対して言葉をあててくださいます。
その中に子供達を理解するためのヒントがあったりして、こちらもほっと安心したりしています。

私個人としては、私達親子とは、少し違う次元から見てくださっていて、親にも子供にもヒントをくださっていると思っています。
決して受け取るだけではないと思います。

むしろ私が受け取ってばかりかもしれないけれど。 w ^_^ >

また、読ませてください。
by pronaos | 2017-05-08 17:14 | Comments(1)