子育てはしていないし、年齢も低く、むしろまだ育てられているようなものなのに。

と、疑問を抱いた方もいらっしゃると思うので、記事にしておこうと思います。



理由としては単純です。
育児をされている方々のブログからは、当事者ブログよりも自分に必要だと思われる客観的に近い示唆や情報を多く受け取れるからです。
加えて、自分にとって当事者ブログには近すぎるがゆえの問題点があるからです。強く共感し過ぎて自分に支障が出るほど揺さぶられたり、色々。



でも、これだと受け取っているだけになってしまう。
私も、何かお返しできていると良いのですが。。

[PR]
by pronaos | 2017-05-08 17:14 | Comments(1)

刺激に対する依存の傾向

あまり褒められたことではない話、この傾向があります。
正確に言えば、自分の感情・論理性を熟慮を必要とせず呼び起こすような刺激に対して依存の傾向があります。

<例>
感情 : 家庭のいざこざをまとめたまとめサイト
論理性 : 出典、先行研究、文献を踏まえない議論

これらの刺激に溺れて夜布団の中でどうしてもスマートフォンの画面から離れられず軽く泣きながら朝になる(今思い出すとあれは底つき体験)という病的な事態は経験しています。奇妙な渇望。
何もすることがないのに相当な頻度でスマートフォンを手に取って刺激に指が走ってしまうという状態は継続中です。

でも、これらに溺れない熟慮を必要とする生活が嫌いかというと、そうでもない。むしろ私はそういう生活がしたい。

この2つを例えるならば、たとえがたとえられるものと近すぎる気もするけれど、週刊誌と純文学です。スナック菓子と手のかかった家庭料理でもいいかもしれない。



人生の中に週刊誌とスナック菓子が必要になることもあると思うんですよね。
社会的なものやインフォーマルとされるものに対する感度が低く、かつ当事者性のある物語にそういう知識が組み込まれていないと自分に引き寄せられない私は、ああいうサイトからこれから生きていく上で必要であろうたくさんのものを得ました。あれらの情報をああいう場所以外で効率良く入手する方法は正直思いつきません。

でも、サイト内の情報やそのパターンをある程度理解できてきてもうそろそろ読まなくてもいいだろうという段階に来ても刺激に引かれて読んでしまい時間を無駄にする、つまり自分にとって損であり大きな目で見れば苦痛でしかないことをやめられないのが自分の中で相当問題になってきたので、やめます。決意の書き込み。
ある程度断続的にやめる試みはしてきましたが、脳内の回路や物質がどうなっているのか不思議なことに、まだ少しでも触れるとあっちに走って行ってしまいます。一旦は完全に刺激を断つしかない。







自らがこういう状況に陥ってもなお、相手を言語によらず納得させずに行使されるあらゆる場面でのパターナリスティックな権力を自分が忌避しているのは、我ながら面白いと思います。
害を他者に与えていない限り(これは定義が難しいですが)パターナリズムを認めない。与えていたとしても、最低限度に留める。未成年相手だったとしても、認知に障害がある人相手だったとしても。
自分の思想的な核はそこにあるのかな。




『フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ"暮らしの質"を高める秘訣』(ジェニファー・L・スコット)
買ったのは少し前ですが、今の私には良著でした。
自分という人間にとって(そうでない人間を否定しない)、自分の感情・論理性を熟慮を必要とせず呼び起こすような刺激はlife(この単語は、英語のニュアンスのほうが言いたいことを言ってくれる気がする)の質を下げることはわかった。今だけではなく、ずっとそうなのだろう。

暮らしの質を高めていこう。

[PR]
by pronaos | 2017-05-07 03:31 | その他 | Comments(4)